電話占いを利用して幸せになった人たちの体験談ブログです。

menu

電話占いで幸せゲッチュ

電話占いのお陰で、仕事の活路を見いだせました

電話占いのお陰で、仕事の活路を見いだせました

私が、電話占いを使用しようと思ったのが、当時私は、新卒で某企業に就職したしたての頃でした。

私を含め同期4人で入社しましたが、会社の試験では、4人中3番目で思うような成績ではありませんでした。いざ会社に入社してみますと、その会社の潰れかかった規模に卒倒してしまうような毎日でした。

年休なんて毎月何日与えれているか分からず、実際に勤務してみて、驚くような内容ばかりでした。叱責や恫喝もあり、特に私が配属された先は、現場職でしたので、現場職として最前線で勤務されている先輩が怖い方ばかりでした。

プライヤーやモンキーレンチ等の工具で足元を強くたたきつけて脅されるような場面も多々ありました。真面目だがそれだけじゃやっていけないバイトを雇った方でマシだとおも強く言われ泣いてしまった日々もありました。

また、出張先でもガサツで適当でどうしようも無いと言われ俯いてしまうような日々でした。その出張先からの帰りに会社の先輩から、放たれた一言が原因で誰かに強く相談したいと言う気が芽生えました。

その放たれた一言とは「向いてない」と言う一言と「お前みたいな性格の奴は個人事業主か、ラーメン屋位しかやっていけない」と強い口調で言われたのがキッカケで、人生について迷い出すようになってしまいました。

丁度その時独身でしたので、誰かに相談したいと言う強い気持ちが私の中で芽生えてきました。その時にインターネットで相談をキーワードにして何か心を落ち着かせるものを探していました所、電話占いと言う近代的な占いを発見することができたのです。

電話占いであれば、誰とも会わずに相談できると言うのがあり、また、電話占いであれば、自分の部屋に引きこもった状態で相談できる私の強い味方になってくれると一瞬にして電話占いを想像して電話占いに縋りたいと言う強い気持ちが芽生えました。

電話占いをすることで安心を得ることができました

私は、すぐに電話占いを利用しました。

まず鑑定士の先生方に今の自分の状況を聞いて頂きたいと思い、自分の近況を全て先生に打ち明けることにしました。すると電話占いでの鑑定士の先生で私に対応してくださった先生からは、私の臨むような暖かい言葉をたくさん投げかけてくださったのです。

まずは、どういう形で入社したのであれ、入社した会社が間違えであったこと、今ならまだ、年齢も20代前半で若いし、やり直しはいくらでもきく上で更に第二新卒として、他の会社に入社できるので、今この20代前半と言う貴重な瞬間を逃してはならないと言うことでした。

他にも、勉強しなかった過去のことをクヨクヨ考えるのではなくて今の状況からどのように前を向いて解消していくべきか、また、今の会社に在籍して転職活動をするのであれば、自分自身が壊れてしまうことに繋がるので、すぐに今在籍している会社を辞めてブランクの期間を短くする形で、第二新卒で新たな会社に入るべきであると言うことも提案して頂き、凄く私のことを理解して私の立場に立って考えてくださるなと言う内容そのものでした。

私も実は同じようなことを考えていたのですが、誰かの後押しが無いと実行する勇気が持てませんでしたので、そう言う意味では非常に良かったと思っております。

また、次の就職では失敗できない観点から、よく慎重になって自分の適性を考えると言う場面で私が昔に好きだったことを挙げてみるように言われたのですが、その昔好きだったことを挙げて行く内に私がしたいものに近づいって行っているような気がしたのです。

そう言えば私は陸上競技部に所属していて単純明快に走ったり身体を動かすことが大好きであったこと、何も考えずに走るのが好きである仕事と言えば、そこから公安職へと繋げていくことができました。

電話占いのお陰で、活路を見いだせた瞬間です。

また、電話占いで自分の職業の適性を改めて気づかされた瞬間でもあり、電話占いに感謝した瞬間でもありました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー

カレンダー

2019年7月
« 2月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031